江戸時代、仙台藩下の宿場町 吉岡宿は、重い年貢に苦しめられ、夜逃げが相次ぎ、壊滅の危機にあった。百姓は年貢逃げるか、飢えて死ぬか。そんな二択を迫られる中で、造り酒屋の穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は、京から戻ったばかりの知恵者 菅原屋篤平治(瑛太)が酒の肴にふと考えたアイデアに光明を見出す。 それは、吉岡宿が殿様(仙台藩主)に金を貸し、利息を巻き上げようという秘策だった。

2017-03-20 21:53 314
Lawrenceのニュースまとめ
詳しく記事を読む