自動車・バイクニュース

スズキネタ|【大阪MCショー2017出展速報】スズキブース

2017-03-19 112 bike bros

スズキネタ|【大阪MCショー2017出展速報】スズキブース

第33回大阪モーターサイクルショーからスズキのブースをご紹介しよう。

2016年のEICMAで発表された最新モデルが集結したスズキブース。

日本初お披露目のモデルも多いぞ!

さらに見る(外部サイトへ移動)
スズキ

おすすめの自動車・バイクニュース

スズキ エスクード、1.4リットルターボ搭載モデルを追加…最高出力136ps 258万6600円:リリース情報

2017-07-26 26 MOTOR DAYS スズキ エスクード、1.4リットルターボ搭載モデルを追加…最高出力136ps 258万6600円:リリース情報 写真・画像

先日、ポルシェが「ル・マン撤退を検討」と報じられましたが、今回は「撤退を決断」との報道。
これはポルシェが正式にコメントしたもので、ル・マン含むLMPクラスから撤退し、フォーミュラEに集中する、としています。
すでに昨年撤退をしているアウディも「フォーミュラEはもっとも重要なモータースポーツ」と位置づけており、さらにはメルセデスも2019/20シーズ

スズキ ターボ エスクード クー
続きを見る

スズキが新型スイフトスポーツを9/12に発表と予告。画像と特設サイトを公開

2017-07-24 78 Life in the FAST LANE スズキが新型スイフトスポーツを9/12に発表と予告。画像と特設サイトを公開 写真・画像

スズキはフランクフルト・モーターショーにて新型「スイフト・スポーツ(スイスポ)」を発表する、とのこと。
加えて一枚のみですがオフィシャルフォトも公開。
これを見ると例の「スズキの社長による鶴の一声で実現した」イエローは健在ですね。
加えてフロントやサイドには新たにエアロパーツが付与されていることもわかります。

スズキ スイフト
続きを見る

スズキの軽自動車をベースにした、超絶クオリティの「ランボルギーニ・ミウラSVR」レプリカが話題に

2017-04-25 17 Life in the FAST LANE スズキの軽自動車をベースにした、超絶クオリティの「ランボルギーニ・ミウラSVR」レプリカが話題に 写真・画像

このレプリカはスズキ・キャラ(マツダAZ-1のOEM)がベースで、軽自動車(しかも以前の規格)をランボルギーニ・ミウラ風にするというのはかなりハードルが高そう。
オーナーさんは23年間この「スズキ・キャラ」に乗り続けているそうですが、その間に自らの手で、手間と時間をかけてキャラを「ランボルギーニ・ミウラSVR」へと改造した、とのこと。


スズキ ランボルギーニ
続きを見る

ダイハツ・コペン、スズキ・アルトにリコール届け出。スズキは対象50万台

2017-04-13 9 Life in the FAST LANE ダイハツ・コペン、スズキ・アルトにリコール届け出。スズキは対象50万台 写真・画像

ダイハツ・コペン、スズキ・アルトにリコール発生。
まずはコペンですが、こちらはハイマウントストップランプの構造に問題がある、とのこと。
最悪の場合はランプが点灯しなくなるとされ、パーツ交換にて対応するそうです。

スズキ アルト コペン ダイハツ
続きを見る

スバル・レヴォーグ、スズキ・ワゴンR、ホンダ・フリード、マツダCX5にリコール

2017-02-23 44 Life in the FAST LANE スバル・レヴォーグ、スズキ・ワゴンR、ホンダ・フリード、マツダCX5にリコール 写真・画像

スバル・レヴォーグ、スズキ・ワゴンR(とほかの軽も)、ホンダ・フリード、マツダCX-5にリコール発生。
CX-5はつい先日もリコールが発生したばかりですが、追加でのリコールとなります。
いずれも相当数が対象となりますが、詳細はメーカーのホームページにて発表されると思われ、また対象者にはDM等の通知が届くはずですので、それまでは「静観」で良さそうですね。

ホンダ スズキ マツダ スバル レヴォーグ ワゴンR フリード フリード+
続きを見る

トヨタとスズキが提携。社会課題の解決と自動車業界に発展に向け

2017-02-16 93 Life in the FAST LANE トヨタとスズキが提携。社会課題の解決と自動車業界に発展に向け 写真・画像

トヨタとスズキが業務提携へ。
現在はまだ覚書の段階だそうですが、細かい内容は公開されておらず、"「社会課題の解決」および「自動車社会の健全で持続的な発展」"が提携の目的だとされています(つまり提携の範囲は結構広い)。

トヨタ スズキ
続きを見る

スズキ・スイフトの見積もり取得。ハイブリッドRS、4WDで乗り出し238万円

2017-02-09 52 Life in the FAST LANE スズキ・スイフトの見積もり取得。ハイブリッドRS、4WDで乗り出し238万円 写真・画像

グレードはハイブリッドRS、CVT/フルタイム4WD/セーフティパッケージ。
購入するのであれば4WDを考えており、諸々の安全性を考えるとセーフティーパッケージは必須。
なお取得税60%、重量税50%が減税となっています。
ちなみに現在額が最も大きなのはハイブリッドRSの2WDで、取得税80%、重量税75%が減税に。

スズキ スイフト
続きを見る

「試乗してよかった」。想像以上に快適かつ機敏なスズキ・スイフトRSに試乗する

2017-02-06 24 Life in the FAST LANE 「試乗してよかった」。想像以上に快適かつ機敏なスズキ・スイフトRSに試乗する 写真・画像

スズキ・スイフト(ハイブリッドRS、2WD、CVTモデル)に試乗。
実際に購入するのであれば「スイフトスポーツ」になると思いますが、現時点でスイフトスポーツは発売されておらず、とりあえず新型スイフトの印象を見るための意味合いが強い試乗となっています。
なおスイフトRSはなかなかに評判が良く、期待しながらの試乗。

スズキ スイフト
続きを見る

スズキ・ワゴンR発表。リーク通りのキャデラック似、HUDなど「軽自動車初」てんこ盛りの意欲作

2017-02-02 33 Life in the FAST LANE スズキ・ワゴンR発表。リーク通りのキャデラック似、HUDなど「軽自動車初」てんこ盛りの意欲作 写真・画像

スズキが新型ワゴンR、ワゴンRスティングレーを発売。
ワゴンRは6世代目となりますが、デザイン、装備を見るかぎり「軽自動車のトップに君臨することを運命づけられた」と直感できるほどスズキのヤル気が込められた車となっています。

キャデラック スズキ ワゴンR
続きを見る

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

2017-07-24 95 自動車リサーチ スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上 写真・画像

大日本印刷が開発したソフトウエアが自動車のハッキング防止に採用される、とのこと。
もとは自動車用に限定せずにアプリの不正改ざんを防止するソフト「CrackProof」ではありますが、近年増加する自動車用アプリのクラッキング、ハッキング対策として有用である、ということから自動車メーカーが採用に至ったようですね。

スズキ ハスラー シティ
続きを見る

スズキはパリMSにてイグニスのクロスオーバーを発表予定。iM4譲りのルックスか

2016-08-17 69 Life in the FAST LANE スズキはパリMSにてイグニスのクロスオーバーを発表予定。iM4譲りのルックスか 写真・画像

現時点でエンジンラインアップは不明ですが1.2リッター、1.0リッター、そしてハイブリッドはラインアップされる模様。
外観としては東京モーターショーで公開されたiM4コンセプトに準じるものとなりそうですが、車高をリフトアップし、車体後部をよりワイルドなデザインへ変更すると言われます。

スズキ イグニス
続きを見る

スズキ 新型 アルト/アルトRS マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート Sエネチャージ採用 2017年10月発売

2017-08-20 27 自動車最新情報 スズキ 新型 アルト/アルトRS マイナーチェンジ デュアルセンサーブレーキサポート Sエネチャージ採用 2017年10月発売 写真・画像

スズキは新型アルト/アルトRSのマイナーチェンジを行い2017年10月に発売する。
新型アルト/アルトRSについてライバル車種である新型ミライースのフルモデルチェンジを2017年5月9日に行い、販売台数も大きく伸びている。
スズキもミライースに

スズキ アルト サーブ
続きを見る

スズキ『ディーゼルハイブリッド』発売 → 3列ミニバン「エルティガ」に搭載で182万円!

2017-08-21 76 Ethical & LifeHack スズキ『ディーゼルハイブリッド』発売 → 3列ミニバン「エルティガ」に搭載で182万円! 写真・画像

トヨタとの提携発表後も、独自路線を歩むスズキが、ついにディーゼルハイブリッドの市販化です。
従来からインド市場に投入していたFIAT製ディーゼルに自前のマイルドハイブリッドを組み合わせて......

スズキ ミニ
続きを見る

スズキ「新型スイフトスポーツ」9/13発表 → 1.4Lターボ✕6MT・6AT搭載で安全技術も充実!

2017-08-22 98 Ethical & LifeHack スズキ「新型スイフトスポーツ」9/13発表 → 1.4Lターボ✕6MT・6AT搭載で安全技術も充実! 写真・画像

スズキ「新型スイフトスポーツ」の発表が近づいています。
ディーラー周りでは、既に発表日も明確になっているようで、事前予約も開始!...

スズキ ターボ スイフト
続きを見る

良くある質問

#スズキに関する質問
スズキワゴンR MH23系のパネルの外し方おしえて下さい 外すときは最初にアッパーパネルを先に外し次にオーディオパネルを外すのですか それともオーディオパネルからですか また外すときは力要りますか なかなか外れないのです割れないかと心配です 外すコツ教えて下さい

回答がこちら
アッパーからですね http://www.alpine-fit.jp/alpine/pdf/273_0809_l.pdf 観れない場合はTOPページから見て下さい 外す時はパネル外し工具を使いましょう ツメの位置が判れば そこから行きます


#スズキに関する質問
リクエスト失礼します。
技術的な事なら真面目にアドバイスをして下さるとの事ですので・・・ 数年前のワンコさんの回答を参考に実践して磯でマルスズキをルアーで狙ってる者です。
なんとか最近は安定して釣果を出す事が出来る様になりました。
ですが自分は朝一の回遊が終わると思うように釣果が伸びません。
ワンコさんの回答を読んでいるとあまり時間帯は気にしてない様にお見受けします。
タックルも余り気にしてない感じがします。
タックルや時間帯に拘りが無くても釣果に影響はしないのでしょうか? 自分はベイトのサイズと回遊を常に気にして釣りをしてます。
何か時間を選ばない様なコツがあるのでしょうか? ID非公開ではありますが気になる点がありましたらアドバイスを下さい。

回答がこちら
道具は拘るでしょ^^ 最低限狙った場所にルアーが届かないと^^; 後は風の影響とかでメインラインをチョイスしますよ^^ リーダーの長さだってその場所場所で4~8m位は選んで組んでますし^^ 太さも変えるからね^^; 季節に応じて外道も考慮するでしょ? ****** カケアガリ狙いの一発だけ? これだと正直キツイですよ^^ *質問内容が何をアドバイスして欲しいのか良く判らんってのが正直な話w


#スズキに関する質問
この写真はヒラスズキかマルスズキどちらかわかりますか?

回答がこちら
私は奇形のマルに見えますね。
尻尾の付け根や顔もマルっぽい。
たまに体高のあるマルが居るので、顎下の鱗とかで判断するのが良いと思います。


#スズキに関する質問
カーオーディオについて質問です。
マツダのAZワゴンにのっています。
たぶん内蔵などはスズキだと思います。
8万キロ走った車を安くで譲ってもらって結構調子も良く音楽もきれいに聞けていたのに 最近突然CHECK DISCとかPUSH EJECTといった文字が表示されます たぶん純正なのではないかと思うのですがどこで直してもらえばいいかわかりません ディーラーとか言われてもなにかわからないのでどうしていいかわかりません オートバックスに行けば治してもらえるものなのでしょうか? それともマツダに行ったほうがいいのでしょうか? 教えてくださいお願いします

回答がこちら
純正オーディオなので量販店では不可能です。
車のメーカー(マツダ)で修理になります。
ただ修理費次第ではCDデッキ買い替えた方が 早く、安く済む可能性もあります。
オーディオ修理は外してメーカーに依頼して 初めて見積もりが出ると思います。
仮にここで修理費高いとキャンセルしても 事前に外した分の脱着工賃は掛かる可能性が 高く、無駄な浪費もあり得ます。
今はCDデッキならある程度のメーカーでも 1万くらいで買えますので、お薦めは「買い替え」 もしくは、FMトランスミッター経由で 外部再生機で曲流すかですね。


#スズキに関する質問
当方、スズキ キャリィ DA-63T MTに乗っているのですが、シフトダウンや下り坂などでエンジンブレーキがかかった際、フューエルカットは働くのでしょうか? 軽トラとMTということもあり、フューエルカットの機能があるのかどうかが知りたいです。
よろしくお願いいたします。

回答がこちら
カットします DA63.65 現行DA16でもエンブレ時に 燃料流量計は0になります


#スズキに関する質問
スズキセピアですが、しばらく走ったらどんどん白煙が凄くなります。
何が原因ですか?

回答がこちら
マフラー(チャンバー)の詰まり、又は、オイルポンプの不良と言う事になってきます。
マフラーの場合は、先端からのオイル漏れが多くなっています。
共に、交換が必要になります。


#スズキに関する質問
新型スズキスイフトの4wDはどんな4wDなのでしょうか? ビスカス方式のフルタイムでしょうか?

回答がこちら
ビスカスカップリングを利用した「トルクオンデマンド型スタンバイ式4WD」です。
いわゆる「スタンバイ式4WD」であり、正確には「フルタイム4WD」ではありません。
メーカー側できちんと4WDシステムの解説をしておらず不親切です。
システムが劣るゆえ意図的に解説したくないのかもしれませんね。
以下、ご存じの内容も含まれると思いますが、スイフトの4WDシステムについて説明いたします。
■ スタンバイ式4WD 本式の「フルタイム4WD」の場合は、エンジンの出力はセンターデフ(またはそれに類する装置)が受けて、そこから前後輪にトルク分配をします。
一方、スイフトのようなFFベースの「スタンバイ式4WD」の場合は、エンジンの出力は前輪が受け止め、通常の直進走行ではほぼFFで走行します。
スイフトの場合、前後輪をつなぐプロペラシャフトの間に「ビスカスカップリング」が装備されていて、前輪が空転などして前後輪に回転差が発生すると、ビスカス内のネバっとした粘油を介して後輪が動きはじめます。
さらに空転が続くとビスカス内部が膨張して金属板が圧力で押され直結に近づけようと頑張ります(直結にはなりません)。
これにより前輪が滑ってから少し遅れて後輪が動き出して四駆になります。
滑らないための四駆のはずが、滑ってからでないと四駆にならないので「なんちゃって4WD」とも呼ばれますが、これでも雪道では重宝します。
前後の回転差が生じれば後輪にトルクが発生するので、コーナーなど前後に回転差が発生した時もわずかに後輪にトルクは発生して四駆になります。
この「ビスカスカップリング」を用いたスタンバイ式4WDはかなり原始的な機械仕掛けのものです。
最近では「電子制御カップリング」がスタンバイ式4WDの主流になっており、より作動速度が向上し、他の電子デバイスとの同期により高度な制御を行うようになってきています。
スズキが原始的なビスカスカップリングのスタンバイ式4WDを使い続けているのは、シンプルで軽量安価にできることからで、他のFFベースの四駆にも同様のシステムを使っています。
スズキの注意点 一方、スズキではカタログ表記に、原始的なスタンバイ式4WDであるにもかかわらず「フルタイム4WD」という背伸びした記載をしています。
実際にワゴンR等で、スバルのような本式のフルタイム4WDと誤認して買ってしまった消費者もおり、混乱を招いているようです。
これは自動車工業会がきちんと線引きしてこなかった責任ですが、これをフルタイム4WDと謳っても罰則がないので「売った者勝ち」状態です(スズキだけではないです)。
スズキは他にも、自動ブレーキシステムでも簡素なレーザー方式であるにもかかわらず、「レーダーブレーキサポート」という名称をつけています。
この「レーダー」は、より高度な「ミリ派レーダー」を連想させるものですから、この言葉の使用は好ましくありません。
意図的により高度に見せようとして消費者を混乱させています。
これも罰則なく「売った者勝ち」状態です。
スズキというメーカーは優良企業なのにこのような姿勢というのはもったいないですね。
是非、正直であってほしいです。
このままではいつか消費者庁よりメスが入るように思います。
なお、わたしはスズキに対して敵対意識はなく、ほしいクルマ(ハスラー)もあるのですが、調べるうちに残念な姿勢が見えてしまった次第です。
長くなり失礼いたしました。
少しでもお役に立てましたら幸いです。


#スズキに関する質問
スズキ ACCESS125というのは乗っても大丈夫なバイクですか? 乗り飽きて、売ろうにも買手がつかなくなる可能性ありますか? 50CCよりは良く見えて仕方ないのですが。
http://www.goobike.com/bike/stock_8500963B30161103003/disp_ord=7

回答がこちら
インドモデルなので輸入車ですよ。
もとから新車でも激安なので乗りつぶすつもりならお買い得です。


#スズキに関する質問
スズキのハスラーが好きな人は、どんなところが気に入ってますか。

回答がこちら
やはり あの大きさであの馬力だとパワーを感じますね ただオイル消費は早いですが2stのエンジンってやっぱり吹けがいいですよ 知っている人は知っていますが 仮面ライダーの愛車のベースにもなっています


#スズキに関する質問
660cc のスズキ ジムニーを過去、現在で新車で購入された方にお伺いいたします。
購入時はズバリ、ターボ、ノンターボのどちらを選択されましたでしょうか。
選択された理由も教えていただければと思います。

回答がこちら
660㏄は、ターボしか選択肢がありません。
ラダーフレームです。
車重が有るのでターボが無ければ…


スポンサードリンク

中古車情報